スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を元気に過ごす養生法

 風薫る5月、一年で一番過ごしやすい季節になりました。
皆様、体調はいかがですか?お元気ですか?

 この季節は気候の良さとは逆に、体調や精神状態が不安定になります。
GWのご旅行も、無理な計画は立てず、余裕を持った計画でお楽しみ下さい。
※この時期のお出かけには「人参牛黄」をお持ち下さい!
 きっとお役に立ちます。
人参牛黄

-----〈《 春を元気に過ごす養生法 》〉-----

◎元気でいたい!病気で寝込みたくない!

これは誰もの願いです。そのために一番大切なことは何でしょうか?

「健康診断を毎年しっかり受けること」でしょうか? いいえ、もっと大切な事があります。

それは「健康でいるための、毎日の努力」、簡単に言えば、「食事・睡眠・運動」です。


◎漢方(東洋医学)の健康法

「食事・睡眠・運動」と言われても、今世の中には色々な情報が氾濫し過ぎて、

何を信じて良いか迷ってしまいます。漢方(東洋医学)では、四千年以上の人間観察から、

人間も自然界の生き物ですから、その季節(春・夏・秋・冬・土用)、また、その気候

(寒・冷・暑・湿・燥)に合わせた生活の仕方(健康法)が必要と、言っています。


◎春は、一年中で一番、肝臓が疲れる季節

漢方ではそう言います。春は、急に気温が上昇するために、今まで肝臓に蓄えていた血液が、

一気に手足に散ってしまい、肝臓に栄養を運んでいる血液が急に少なくなって、肝臓の力が

弱るのです。そのために、春は、「イライラ・肩こり・筋肉痛・目の充血・目まい」等の症状が

出やすくなります。


◎春は、肝臓に良い生活をしよう!

ですから、春の健康法は、「肝臓を守って、働きを助けて上げること」です。

肝臓に悪いことは、「寝不足・目の使いすぎ・辛い物(アルコールも含みます)や刺激物の

摂りすぎ・怒り・ストレス」です。逆に肝臓に良いことは、「睡眠(だから春は眠たいのです)

・酸味(梅干し・夏みかん)や青い葉物野菜を多く摂る・野山の緑を見て目を休める」等です。


◎肝臓に良い自然薬を手助けにどうぞ!

でも現実は、毎日が忙しく、睡眠不足でストレスいっぱい!

そんなアナタを「肝臓を助ける自然薬・漢方薬」がお手伝いします!


◎アナタに一番合った「春の養生法や自然薬・漢方薬」をアドバイスします!

どうぞお気軽に、ぶんじ永楽堂薬局へご相談下さい!
             
----------------------------------------------------------------------

                           ぶんじ永楽堂薬局 薬剤師 岩崎ぶんじ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

薬師ブンジ

Author:薬師ブンジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。