今日からブログを始めます!

 私は、静岡市清水区村松原で、「ぶんじ永楽堂薬局」を開局している薬剤師のブンジです。
そして私の父は、少し離れた場所で「皮膚病相談の永楽堂薬局」として知る人ぞ知る・・・
(ちょっとだけ有名な(^^;))皮膚病相談を得意とする薬局を開いていました。
私(ブンジ)もそこで一緒に働いていましたので、3年もすると皮膚病のへ薬の使い方にはかなり自信が持てる様になってきていました。

ところが、お薬が上手に使えるようになり、お客様から「この前のお薬、良く効いたよ!ありがとう!」と感謝されるようになり、ハタと気がつきました。
いくら上手にお薬を出しても、お肌の調子が良くなるのはその時だけ、またすぐにお肌の調子を悪くして、「またあの良く効く薬が欲しい!」と、何度もお店にいらっしゃるのです。
商売としては、儲かって良さそうなものですが、それでは本質的な解決にはなりません。
そして、お薬ばかり使っていれば、やがてお薬の副作用で別の病気を作ってしまいます。
※「一生懸命世の中を健康にして喜ばれている」と思っていたのは思い上がりで、
 少しも病気で悩む人は、減っていなかったのです。 

◎そしてその頃、「日本専門薬局同志会」と言う、全国から薬局が集まり、研鑽する会合で、
こんな言葉を教わったのです。

「薬は病気を治さない!治すのは自分の力!」
「医療は舵取り、病気を治すのは気力と体力!」
「体力を無視して強い薬を使わない!」


当然と言えば当然のことばかりですが、忙しい毎日の中、病気ばかりを見て、
病人を見ていない自分に気がつきました。

◎人の身体は、病気になっても常に自分の力で治ろうとしています。
◎決してお薬が、元気なお身体を作るのではありません。
◎病気がなかなか治らないのは、必ず原因があるのです。


原因を一生懸命探し出して、上手に原因を避ける生活ができれば、
必ず人は、自分の力で元気な元の状態に戻って行くのです。
※でも中には、その原因が、生まれつきだったり、老化だったり、
  大きすぎて動かせなかったりして、元の状態に戻るのが不可能な場合もあります。

「できるだけお薬に頼らず、自分の力で元気な身体、キレイなお肌を作れるようお手伝いできる、本物の健康作りのお店を出したい!」

ぶんじ永楽堂薬局 ぶんじ永楽堂薬局

そこで一念発起して、26年前、今の場所に、「お肌と健康の相談室・ぶんじ永楽堂薬局」を開きました。



スポンサーサイト
04 | 2011/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

薬師ブンジ

Author:薬師ブンジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR